人間生活科学専攻

博士後期課程

2021年度入学生から

健康・栄養科学専修

青江 誠一郎 教授
  • 研究指導担当
専門分野 基礎栄養学
研究内容 メタボリックシンドロームの発症を予防するための食品成分の基礎研究を行う。食品成分として、β-グルカンに富む大麦、カルシウムなどの乳成分、機能性食品素材(脂肪酸、水溶性食物繊維など)を研究材料とする。生理機能は、遺伝性あるいは食餌性肥満モデル動物を用いて、消化管機能、ホルモン応答、脂肪組織の炎症と機能変化に及ぼす影響とメカニズムについての研究を行う。
明渡 陽子 教授
  • 研究指導担当
専門分野 医療と福祉周辺の問題
研究内容 イギリスの健康格差問題と肥満問題の現状分析と、それらへのNHSや政府の対策を調査し、イギリスの健康増進政策の在り方、予防への国家的な取り組みとその成果を分析し、日本の肥満・痩せ問題へのヒントを得る。今年は、新入生への生活アンケート調査をおこない、肥満や痩せに分類された学生の生活背景因子を分析する予定。
岩瀬 靖彦 教授
  • 研究指導担当
専門分野 予防栄養学
研究内容 一次予防(健康増進・疾病予防)を実現するために、人間理解を通して、人(個人・集団)の健康状態に関連する食・生活習慣への影響因子を的確に収集し、栄養疫学を用いて解析するための手法について研究する。また、それにより得られたエビデンスを用い、一次予防を実現するために、栄養・運動・休養を柱とした食・生活習慣に対して、対象のQOLを高めながら行動変容を促し、成果が期待できる栄養教育の手法についても研究を行う。
小林 実夏 教授
  • 研究指導担当
専門分野 公衆栄養学、栄養疫学
研究内容 女性の生活習慣・食事要因と健康リスクに関する栄養疫学研究を行っている。
研究テーマは、
  1. 青年期日本人、タイ人の習慣的な栄養素摂取量を把握するための食事評価方法の開発
  2. タイおよび日本におけるうま味・辛味嗜好性に与える食文化・食環境の影響
  3. 妊産婦のフルクトース、カフェイン摂取量の推定④妊産婦の栄養状態と妊娠期間中の体重管理および出生体重との関連
  4. 出産後のうつや不安障害が子どもの食環境や発達に与える影響⑥慢性疲労の評価方法
髙波 嘉一 教授
  • 研究指導担当
専門分野 応用健康医学、運動生理学
研究内容 生活習慣病予防に対する運動、栄養の効果の分子メカニズムを明らかにし、その中で新規に開発する有用性の高いバイオマーカー等を活用し、また従来のバイオマーカーと組み合わせるなどして、より効率的な運動法、食事法などを個別に提案できるシステム(個別化予防医療システム)を構築する。
田中 直子教授(専攻主任)
  • 研究指導担当
専門分野 食品生化学、栄養生化学、細胞生化学
研究内容
  1. 脂肪細胞の炎症性変化に関する研究:脂肪細胞が肥大化して正常な機能を失い、メタボリックシンドロームを引き起こすしくみを細胞レベルで研究
  2. 糖尿病発症機構に関する研究:膵臓β細胞がさまざまなストレスを受けて、インスリン分泌低下や細胞死を引き起こすしくみを細胞レベルで研究
堀江 正一教授(人間文化研究科長)
  • 研究指導担当
専門分野 食安全学
研究内容 「食」と言う字は「人」を「良くする」と書いて表されます。「食」は「生命」とも言われ、食の安全性確保は健康で快適な生活を送る根幹をなすものです。そこで、食の安全問題として、病原性微生物による食中毒、食品中に含まれる動物性・植物性自然毒や農薬、環境汚染物質等の化学物質について取り上げ、微生物学的手法と機器分析を用いた理化学的手法により問題の本質と対応策についての研究指導に取り組みたいと思います。

生活環境学専修

阿部 栄子 教授
  • 研究指導担当
専門分野 衣服環境造形
研究内容 人間が健康・快適に生活するという観点から衣服環境を捉え、「人間・衣服・環境(近接)」系の立場から、近接環境造形の基礎と問題点について考究している。また、伝統文化を継承し、新しい文化を創造するという立場から、歴史的流れの中で衣服造形を捉え実践的研究を行っている。
木下 勇 教授
  • 研究指導担当
専門分野 ランドスケープ・生態環境デザイン、まちづくり
研究内容 人間も生態系の一部として地域の環境をとらえ、身近な範囲から都市および地方という広い範囲までを対象に緑・自然豊かな持続可能な環境を形成するための研究を行います。その主体としての人の関わりを大事にして、子ども期の遊びや住民参画による環境形成などの実践的研究を行います。
團野 哲也 教授
  • 研究指導担当
専門分野 被服材料学、染色学
研究内容 絹フィブロインに関する研究、天然染料の染色性に関する研究、明治初期の合成染料に関する研究、19世紀に開催された万国博覧会に関する研究、着装シミュレーションに関する研究、ナノファイバーに関する研究等である。これらの研究を通じて、“ヒトはなぜ服を着るのか”を追及する。
水谷 千代美 教授
  • 研究指導担当
専門分野 被服機能設計学
研究内容 抗菌・消臭繊維、環境にやさしい繊維などの機能性繊維の特性を評価し、その特性を被服分野の応用することを目的とする。被服材料(素材の物性、構成)を物理的、化学的、消費科学的に評価し、被服材料と人と環境の相互関係を考慮して、特性を活かした用途開発を行い、そのモノの使用時の快適性、耐久性などについて研究指導を行う。

保育・教育学専修

金田 卓也 教授
  • 研究指導担当
専門分野 芸術教育
研究内容 芸術教育はさまざまな領域を含むが、特に造形的表現に焦点をあてて研究指導を行う。これまでインドやネパールなど発展途上国の子どもたちの造形活動についての研究を進めてきた。その成果に基づく、文化が異なると子どもたちの表現も異なるという点に着目する多元文化的な研究アプローチは、日本の子どもたちの多様な表現を理解する上でも重要な鍵を提供してくれるものである。
是澤 博昭 教授
  • 研究指導担当
専門分野 児童文化
研究内容 玩具への教育的まなざしの変化をとおして、乳幼児にも教育的な働きかけが必要であるという意識を、日本人の多くが共有するまでの過程を明らかにすること研究テーマとしている。近世近代の子ども史及び児童文化財を研究するうえで、基本となる絵画資料および人形玩具など実物資料等の有用性を検証するなどをとおして各自のテーマに応じて研究指導を行う。
柴山 真琴 教授
  • 研究指導担当
専門分野 発達心理学、異文化間心理学
研究内容 幼児期・児童期に文化間移動を経験した子どもや国際結婚家族の子どもなど、二文化交錯環境で育つ子どもの発達過程を、子どもが日常的に参加する社会的実践に根差して質的に分析することに取り組んでいます。研究方法論としては、解釈的アプローチや共同行為論を理論的立場とし、文化人類学由来のエスノグラフィーの手法(参与観察とインタビューを主要技法とする質的調査法)をデータ収集法としています。
鳥海 順子教授
  • 研究指導担当
専門分野 障害児保育学、障害児教育学、障害児発達学
研究内容 障害のある子どもに関する保育や教育、発達等について研究指導を行います。これまで特に重い知的障害のある子どもの発達を研究してきましたが、子どもの発達を促すためには関わる大人 (保育者や教員)と子どもとの関係性を育て、専門性を高めることが重要であると考えるに至り、最近は教員養成の教育課程について研究しています。また、海外で障害のある子どもを育てている邦人家族に対する支援の実情についても研究しています。

2020年度入学生まで

生活人間学専修

高波 嘉一 教授
  • 研究指導担当
専門分野 応用健康医学、運動生理学
研究内容 生活習慣病予防に対する運動、栄養の効果の分子メカニズムを明らかにし、その中で新規に開発する有用性の高いバイオマーカー等を活用し、また従来のバイオマーカーと組み合わせるなどして、より効率的な運動法、食事法などを個別に提案できるシステム(個別化予防医療システム)を構築する。

臨床人間学専修

金田 卓也 教授
  • 研究指導担当
専門分野 芸術教育
研究内容 芸術教育はさまざまな領域を含むが、特に造形的表現に焦点をあてて研究指導を行う。これまでインドやネパールなど発展途上国の子どもたちの造形活動についての研究を進めてきた。その成果に基づく、文化が異なると子どもたちの表現も異なるという点に着目する多元文化的な研究アプローチは、日本の子どもたちの多様な表現を理解する上でも重要な鍵を提供してくれるものである。
是澤 博昭 教授
専門分野 児童文化
研究内容 玩具への教育的まなざしの変化をとおして、乳幼児にも教育的な働きかけが必要であるという意識を、日本人の多くが共有するまでの過程を明らかにすること研究テーマとしている。近世近代の子ども史及び児童文化財を研究するうえで、基本となる絵画資料および人形玩具など実物資料等の有用性を検証するなどをとおして各自のテーマに応じて研究指導を行う。
柴山 真琴 教授
  • 研究指導担当
専門分野 発達心理学、異文化間心理学
研究内容 幼児期・児童期に文化間移動を経験した子どもや国際結婚家族の子どもなど、二文化交錯環境で育つ子どもの発達過程を、子どもが日常的に参加する社会的実践に根差して質的に分析することに取り組んでいます。研究方法論としては、解釈的アプローチや共同行為論を理論的立場とし、文化人類学由来のエスノグラフィーの手法(参与観察とインタビューを主要技法とする質的調査法)をデータ収集法としています。

生活計画学専修

明渡 陽子 教授
  • 研究指導担当
専門分野 医療と福祉周辺の問題
研究内容 イギリスの健康格差問題と肥満問題の現状分析と、それらへのNHSや政府の対策を調査し、イギリスの健康増進政策の在り方、予防への国家的な取り組みとその成果を分析し、日本の肥満・痩せ問題へのヒントを得る。今年は、新入生への生活アンケート調査をおこない、肥満や痩せに分類された学生の生活背景因子を分析する予定。
阿部 栄子 教授
  • 研究指導担当
専門分野 衣服環境造形
研究内容 人間が健康・快適に生活するという観点から衣服環境を捉え、「人間・衣服・環境(近接)」系の立場から、近接環境造形の基礎と問題点について考究している。また、伝統文化を継承し、新しい文化を創造するという立場から、歴史的流れの中で衣服造形を捉え実践的研究を行っている。
岩瀬 靖彦 教授
  • 研究指導担当
専門分野 予防栄養学
研究内容 一次予防(健康増進・疾病予防)を実現するために、人間理解を通して、人(個人・集団)の健康状態に関連する食・生活習慣への影響因子を的確に収集し、栄養疫学を用いて解析するための手法について研究する。また、それにより得られたエビデンスを用い、一次予防を実現するために、栄養・運動・休養を柱とした食・生活習慣に対して、対象のQOLを高めながら行動変容を促し、成果が期待できる栄養教育の手法についても研究を行う。
團野 哲也 教授
  • 研究指導担当
専門分野 被服に用いられている材料の構造・物性や、その染色加工法などを通じて、古来よりヒトが営んできた衣服文明について研究する。
研究内容 絹フィブロインに関する研究、天然染料の染色性に関する研究、明治初期の合成染料に関する研究、19世紀に開催された万国博覧会に関する研究、着装シミュレーションに関する研究、ナノファイバーに関する研究等である。これらの研究を通じて、“ヒトはなぜ服を着るのか”を追及する。
堀江 正一 教授(人間文化研究科長)
  • 研究指導担当
専門分野 食安全学
研究内容 「食」と言う字は「人」を「良くする」と書いて表されます。「食」は「生命」とも言われ、食の安全性確保は健康で快適な生活を送る根幹をなすものです。そこで、食の安全問題として、病原性微生物による食中毒、食品中に含まれる動物性・植物性自然毒や農薬、環境汚染物質等の化学物質について取り上げ、微生物学的手法と機器分析を用いた理化学的手法により問題の本質と対応策についての研究指導に取り組みたいと思います。
水谷 千代美 教授
  • 研究指導担当
専門分野 被服機能設計学
研究内容 抗菌・消臭繊維、環境にやさしい繊維などの機能性繊維の特性を評価し、その特性を被服分野の応用することを目的とする。被服材料(素材の物性、構成)を物理的、化学的、消費科学的に評価し、被服材料と人と環境の相互関係を考慮して、特性を活かした用途開発を行い、そのモノの使用時の快適性、耐久性などについて研究指導を行う。

生活素材学専修

青江 誠一郎 教授
  • 研究指導担当
専門分野 基礎栄養学
研究内容 メタボリックシンドロームの発症を予防するための食品成分の基礎研究を行う。食品成分として、β-グルカンに富む大麦、カルシウムなどの乳成分、機能性食品素材(脂肪酸、水溶性食物繊維など)を研究材料とする。生理機能は、遺伝性あるいは食餌性肥満モデル動物を用いて、消化管機能、ホルモン応答、脂肪組織の炎症と機能変化に及ぼす影響とメカニズムについての研究を行う。
田中 直子 教授(専攻主任)
  • 研究指導担当
専門分野 食品生化学、栄養生化学、細胞生化学
研究内容
  1. 脂肪細胞の炎症性変化に関する研究:脂肪細胞が肥大化して正常な機能を失い、メタボリックシンドロームを引き起こすしくみを細胞レベルで研究
  2. 消化管上皮細胞におけるアレルギー・炎症のしくみ:摂取した食べ物が直接接する消化管に着目し、アレルギー応答反応の個人差に食生活がどのような影響を与えているかを細胞レベルで研究
  3. 嗜好性食品成分の消化管における機能解析
松本 美鈴 教授
  • 研究指導担当
専門分野 調理科学
研究内容 「食物」や「料理」について調理科学の視点から探求する。調理にともなう食品の物理的、化学的、組織構造的変化を物性測定、化学分析、顕微鏡観察、官能評価などにより多面的に分析・検討し、食品の変化とおいしさとのかかわりを探求する。また、文献資料を中心とした食文化研究を通して、日本人の食を探求する。