人間生活科学専攻

修士課程

健康・栄養科学専修

青江 誠一郎 教授
  • 研究指導担当
  • 博士後期課程兼務
専門分野 基礎栄養学
研究内容 メタボリックシンドロームの発症を予防するための食品成分の基礎研究を行う。食品成分として、β-グルカンに富む大麦、カルシウムなどの乳成分、機能性食品素材(脂肪酸、水溶性食物繊維など)を研究材料とする。生理機能は、遺伝性あるいは食餌性肥満モデル動物を用いて、消化管機能、ホルモン応答、脂肪組織の炎症と機能変化に及ぼす影響とメカニズムについての研究を行う。
明渡 陽子 教授
  • 研究指導担当
  • 博士後期課程兼務
専門分野 医療と福祉周辺の問題
研究内容 イギリスの健康格差問題と肥満問題の現状分析と、それらへのNHSや政府の対策を調査し、イギリスの健康増進政策の在り方、予防への国家的な取り組みとその成果を分析し、日本の肥満・痩せ問題へのヒントを得る。今年は、新入生への生活アンケート調査をおこない、肥満や痩せに分類された学生の生活背景因子を分析する予定。
岩瀬 靖彦 教授
  • 研究指導担当
  • 博士後期課程兼務
専門分野 予防栄養学
研究内容 一次予防(健康増進・疾病予防)を実現するために、人間理解を通して、人(個人・集団)の健康状態に関連する食・生活習慣への影響因子を的確に収集し、栄養疫学を用いて解析するための手法について研究する。また、それにより得られたエビデンスを用い、一次予防を実現するために、栄養・運動・休養を柱とした食・生活習慣に対して、対象のQOLを高めながら行動変容を促し、成果が期待できる栄養教育の手法についても研究を行う。
川口 美喜子 教授
  • 研究指導担当
専門分野 臨床栄養学
研究内容 臨床栄養はすべての患者の栄養状態を的確に把握し必要に応じて適切な栄養管理を施行する。患者の臨床の基本に栄養的視点をどのように提案していくか考えることが重要である。個々の症例に適した栄養管理を実施するために栄養ケアプロセスを研究する。特にがん患者、低栄養疾患、老年症候群に対する急性期病院と地域・在宅のシームレスな栄養治療について探求する。
清原 康介 准教授
専門分野 公衆衛生学・疫学
研究内容 病院外で起こる心停止の発生や加熱式タバコの使用など、公衆衛生学的に重要なテーマを対象に、疫学的アプローチを用いた研究を行っている。他の大学や研究機関と連携してデータベースを構築し、実態把握や予後因子の探索などを統計的手法を用いて解析する。これにより、将来の予防・介入に役立つようなエビデンス構築につとめている。
小林 実夏 教授
  • 研究指導担当
  • 博士後期課程兼任
専門分野 栄養疫学・公衆栄養学
研究内容 女性の生活習慣・食事要因と健康リスクに関する栄養疫学研究を行っている。研究テーマは、①青年期日本人、タイ人の習慣的な栄養素摂取量を把握するための食事評価方法の開発②タイおよび日本におけるうま味・辛味嗜好性に与える食文化・食環境の影響③妊産婦のフルクトース、カフェイン摂取量の推定④妊産婦の栄養状態と妊娠期間中の体重管理および出生体重との関連⑤出産後のうつや不安障害が子どもの食環境や発達に与える影響⑥慢性疲労の評価方法
小治 健太郎 教授
  • 研究指導担当
専門分野 機能性食品学
研究内容 2015年から新たな機能性食品に関わる精度の機能性表示食品制度が始まり、ますます食品の機能性に関する研究が注目されていくものと考えられる。その中で当研究室では種々の機能性食品素材を用いて、ヒトでのエネルギー代謝研究、睡眠研究、自律神経活動研究等に関わる有効性評価を行う。
高波 嘉一 教授
  • 研究指導担当
  • 博士後期課程兼務
専門分野 応用健康医学・運動生理学
研究内容 生活習慣病予防に対する運動、栄養の効果の分子メカニズムを明らかにし、その中で新規に開発する有用性の高いバイオマーカー等を活用し、また従来のバイオマーカーと組み合わせるなどして、より効率的な運動法、食事法などを個別に提案できるシステム(個別化予防医療システム)を構築する。
田中 直子 教授(専攻主任)
  • 研究指導担当
  • 博士後期課程兼務
専門分野 食品生化学、栄養生化学、細胞生化学
研究内容
  1. 脂肪細胞の炎症性変化に関する研究:脂肪細胞が肥大化して正常な機能を失い、メタボリックシンドロームを引き起こすしくみを細胞レベルで研究
  2. 糖尿病発症機構に関する研究:膵臓β細胞がさまざまなストレスを受けて、インスリン分泌低下や細胞死を引き起こすしくみを細胞レベルで研究
  3. 食品成分の機能研究:食品成分が生体内でどのように作用を発揮しているかを細胞レベルで研究
堀江 正一 教授(人間文化研究科長)
  • 研究指導担当
  • 博士後期課程兼務
専門分野 食安全学
研究内容 「食」と言う字は「人」を「良くする」と書いて表されます。「食」は「生命」とも言われ、食の安全性確保は健康で快適な生活を送る根幹をなすものです。そこで、食の安全問題として、病原性微生物による食中毒、食品中に含まれる動物性・植物性自然毒や農薬、環境汚染物質等の化学物質について取り上げ、微生物学的手法と機器分析を用いた理化学的手法により問題の本質と対応策についての研究指導に取り組みたいと思います。

生活環境学専修

赤澤 真理 専任講師
専門分野 建築歴史意匠・日本住宅史
研究内容 日本住宅を中心とした建築の歴史と意匠を、社会的文化的背景から研究している。 文献史料・絵画史料、遺構等を基に、住宅を中心とした建築の平面構成・空間構 造・意匠を、儀式や日常生活時の使い方から分析している。また、伝統的な建築 や生活様式を後世に継承するための取り組みや、歴史を活かした地域づくり・ま ちづくりに注目している。
阿部 栄子 教授
  • 研究指導担当
  • 博士後期課程兼務
専門分野 衣服環境造形
研究内容 人間が健康・快適に生活するという観点から衣服環境を捉え、「人間・衣服・環境(近接)」系の立場から、近接環境造形の基礎と問題点について考究している。また、伝統文化を継承し、新しい文化を創造するという立場から、歴史的流れの中で衣服造形を捉え実践的研究を行っている。
内田 直子 准教授
  • 研究指導担当
専門分野 被服心理学・衣生活行動論・消費生活学 
研究内容 人間生活と文化・環境との関係を、人間-環境系研究(被服心理学、環境心理学)の視点からみた服装と空間・場の適合研究、近現代の衣生活文化と消費者行動に関する研究、現代の生活者と文化的・社会的生活環境に関する研究などから探っている。特に被服に関しては資料分析、心理実験、フィールド研究などの手法で、“被服”というモノの存在を通して「私たちの生活をみつめる」ことを研究の根底においている。 
大橋 寿美子 教授
  • 研究指導担当
専門分野 住居学・住居計画
研究内容 小家族化した現代において家族を超えたつながりをつくる住まい方や住まいの計画および地域のあり方について研究および実践活動を行っている。主な研究内容は、①家族やライフスタイルの変容と住まい ②空間配列と家族関係 ③インテリア計画と住まい方 ④共生型集住(コレクティブハウス、コーポラティブハウス、賃貸併用住宅、環境共生住宅など) ⑤サードプレイス研 究と居場所づくり活動、である。
木下 勇 教授
  • 研究指導担当
  • 博士後期課程兼任
専門分野 ランドスケープ・生態環境デザイン、まちづくり
研究内容 人間も生態系の一部として地域の環境をとらえ、身近な範囲から都市および地方という広い範囲までを対象に緑・自然豊かな持続可能な環境を形成するための研究を行います。その主体としての人の関わりを大事にして、子ども期の遊びや住民参画による環境形成などの実践的研究を行います。
黒沼 吉弘 教授
  • 研究指導担当
専門分野 環境政策論・環境資源経済学
研究内容 人類が共有する環境資源の経済管理・制度・政策に関する理論的・実学的研究。特にグローバルコモンズとしてクジラやマグロなどの高度回遊性海洋生物資源に焦点を当て、その管理や利用をめぐる経済や経済法、さらに社会制度などの論点整理や評価手法を通じて経済政策の検討を主としながら、環境の適正な保全と利用の管理施策やその判断基準を計量的・制度経済的に探っている。
肥川 隆夫 教授
専門分野 非線形物理学
研究内容 物理学におけるバラエティに富んだ現象は、非線形のもたらしたものと言える。非線形物理学は、素粒子論においてはヤンミルス理論、相対論においてはアインシュタイン方程式、物理数学においてはソリトン方程式と、物理学の各分野を横断し、それぞれと関わりをもつ。これらの一部は厳密解を求めることができる。またそれらの方程式の各次元が非連続な場合の方程式は従来の数学的方法では対処できない。この分野の研究を行っている。
下田 敦子 准教授
専門分野 民族服飾計量学・生活技術論
研究内容 東南アジアにおける狩猟採集社会~山岳地域農耕社会を対象に、人類史における衣生活の変遷、伝統衣服製作技術の伝承過程、人の発育、発達に伴う技術習得過程についての計量的研究に取り組んでいます。最近ではミャンマー民族開発大学博物館と協働してミャンマー135民族の伝統衣装を収集し、技術学習過程についての調査研究をしています。
竹内 知子 准教授
専門分野 遺伝学
研究内容 生物の発生に重要な役割を果たす「RNAの局在化」について、真核生物のモデル系である酵母を用いて研究している。RNAが細胞内の特定の場所に存在する現象を「RNAの局在化」といい、この現象により、細胞内で情報の偏りが生み出され、細胞分化が引き起こされる。遺伝情報は、遺伝子の本体であるDNAからRNAに写し取られて発現するため、RNAの局在化は、遺伝子発現を空間的に制御するための重要な現象である。
團野 哲也 教授
  • 研究指導担当
  • 博士後期課程兼務
専門分野 被服に用いられている材料の構造・物性や、その染色加工法などを通じて、古来よりヒトが営んできた衣服文明について研究する。
研究内容 絹フィブロインに関する研究、天然染料の染色性に関する研究、明治初期の合成染料に関する研究、19世紀に開催された万国博覧会に関する研究、着装シミュレーションに関する研究、ナノファイバーに関する研究等である。これらの研究を通じて、“ヒトはなぜ服を着るのか”を追及する。
手呂内 伸之 教授
  • 研究指導担当
専門分野 植物生理学
研究内容 マメ科植物と根粒菌の共生関係の獲得の機構を分子生物的な手法を用いて研究をおこなう。根粒菌はマメ科植物に感染して根粒を形成し、空中の窒素をアンモニウム塩に変換して植物に供給する。一方糖分を植物から得ることで増殖し、共生状態を作っている。根粒菌が植毛に感染すると植物内を信号が進み、茎頂で遺伝子を活性化し、根粒着生数を制御することで共生状態の維持をする。この信号調節について研究をおこなう。
中川 麻子 准教授
  • 研究指導担当
専門分野 服飾文化史・デザイン史
研究内容 明治時代以降、海外の影響を受けながら日本の染織分野は発展した。近代日本の染織品、服飾、手芸等について、歴史とデザインの視点から考察する。博物館調査、文献収集、資料の購読、技術復元等を通じて研究指導を行う。
中島 永晶 教授
専門分野 ファッションマーケティング・デザインマネジメント
研究内容 ファッションビジネスにおける課題発見、分析、具体化提案など企画プロセスに全般へ関わる領域として特に、
  1. 国内外の小売店、商売施設、WEB、製品、サービスなど消費の現場における効果的なブランディングワークのあり方
  2. 生活者のライフスタイル、美意識、価値観などのトレンドを背景としたマーケティング企画、及びデザイン企画提案
  3. 芸術文化情報のファッションビジネス教育
への活用の3点を研究テーマとしています。
細谷 夏実 教授
  • 研究指導担当
専門分野 細胞生物学
研究内容 海産無脊椎動物(ウニ・ヒトデなど)の卵を用い、細胞分裂の機構解明に関する研究を行っている。さらに、卵の初期発生過程を指標として、環境汚染物質(農薬・界面活性剤など)の影響について細胞生物学的な側面から評価・検討している。
松本 暢子 教授
  • 研究指導担当
専門分野 住居学・住宅および住宅地計画・都市計画
研究内容 家族の生活空間としての住宅および住宅地は、家族の生活の変化にともなって住宅の増改築や建替えが行われて変化していく。そのメカニズムを探り、生活空間の質を維持向上させる方策を研究対象としている。
主な研究内容は、
  1. 宅地の更新実態と家族の住生活史
  2. 家族の高齢化に伴う居住問題
  3. ハウジングと都市計画の連携
  4. 地方自治体の住宅政策・都市計画
である。
水谷 千代美 教授
  • 研究指導担当
  • 博士後期課程兼務
専門分野 被服機能設計学
研究内容 抗菌・消臭繊維、環境にやさしい繊維などの機能性繊維の特性を評価し、その特性を被服分野の応用することを目的とする。被服材料(素材の物性、構成)を物理的、化学的、消費科学的に評価し、被服材料と人と環境の相互関係を考慮して、特性を活かした用途開発を行い、そのモノの使用時の快適性、耐久性などについて研究指導を行う。

保育・教育学専修

石井 雅幸 教授
  • 研究指導担当
専門分野 理科教育・生物教育・小学校教育
研究内容 理科教育並びに小学校教育の中で特に以下の点に関して、教育方法的に研究を進めていく。
  1. 小学校理科授業の中で、子供が考えることをいかに行っていくのかを検討していく
  2. 小学校理科授業を通して、子供が科学的な態度を獲得していく過程に関して検討する
  3. 小学校教員の理科への苦手意識を克服する教員研修・教員養成のあり方を検討する
  4. 小学校教育における子供の自然体験がもつ意味を教科教育の視点から検討する
上山 敏 教授
専門分野 学校経営・教員養成、教員研修・理科教育
研究内容
  1. 学校経営:組織体としての学校、学校の危機管理等学校経営について
  2. 教員養成・教員研修:キャリア教育、生活指導等の教育課題、学力観等
  3. 理科教育
岡 健 教授
  • 研究指導担当
専門分野 園内研修法・環境構成論・遊び論・次世代育成支援
研究内容 子育ち・子育てという営みは、持続可能な社会の開発を考える上で最も基本的な営みの一つである。にもかかわらず今わが国で行われている子育て・子育ちをめぐる議論、とりわけ保育改革を巡る議論には様々な問題点が多い。子どもが育まれるために大人は何をなすべきか。実践の現場から制度・施策まで。市民から専門家まで。一体この問題にどう向き合うのか。様々な観点で研究を進めている。
加藤 悦雄 准教授
  • 研究指導担当
専門分野 子ども家庭福祉・地域福祉
研究内容 社会福祉の分野を中心に、子どもを取り巻く生活問題(ないしは福祉ニーズ)の把握、および課題解決に取り組む市民協同セクター(ボランタリーセクター)のはたらきを、とくに福祉コミュニティ形成や当事者主体の支援システム作りなどの観点から研究している。関連して、子どもの権利擁護の方法などについて検討している。
金田 卓也 教授
  • 研究指導担当
  • 博士後期課程兼務
専門分野 芸術教育
研究内容 芸術教育はさまざまな領域を含むが、特に造形的表現に焦点をあてて研究指導を行う。これまでインドやネパールなど発展途上国の子どもたちの造形活動についての研究を進めてきた。その成果に基づく、文化が異なると子どもたちの表現も異なるという点に着目する多元文化的な研究アプローチは、日本の子どもたちの多様な表現を理解する上でも重要な鍵を提供してくれるものである。
是澤 博昭 教授
  • 研究指導担当
  • 博士後期課程兼務
専門分野 児童文化
研究内容 玩具への教育的まなざしの変化をとおして、乳幼児にも教育的な働きかけが必要であるという意識を、日本人の多くが共有するまでの過程を明らかにすること研究テーマとしている。近世近代の子ども史及び児童文化財を研究するうえで、基本となる絵画資料および人形玩具など実物資料等の有用性を検証するなどをとおして各自のテーマに応じて研究指導を行う。
柴山 真琴 教授
  • 研究指導担当
  • 博士後期課程兼務
専門分野 発達心理学・異文化間心理学
研究内容 幼児期・児童期に文化間移動を経験した子どもや国際結婚家族の子どもなど、二文化交錯環境で育つ子どもの発達過程を、子どもが日常的に参加する社会的実践に根差して質的に分析することに取り組んでいます。研究方法論としては、解釈的アプローチや共同行為論を理論的立場とし、文化人類学由来のエスノグラフィーの手法(参与観察とインタビューを主要技法とする質的調査法)をデータ収集法としています。
高橋 ゆう子 教授
専門分野 臨床心理学
研究内容
  1. 幼児期・児童期における障がいのある子どもと母親への支援
  2. 保育や教育の現場における特別な配慮が必要な子どもへの支援のあり方
  3. 自閉症スペクトラム障がいの子どもをもつ保護者への養育支援
鳥海 順子 教授
  • 研究指導担当
  • 博士後期課程兼任
専門分野 障害児保育学、障害児教育学、障害児発達学
研究内容 障害のある子どもに関する保育や教育、発達等について研究指導を行います。これまで特に重い知的障害のある子どもの発達を研究してきましたが、子どもの発達を促すためには関わる大人 (保育者や教員)と子どもとの関係性を育て、専門性を高めることが重要であると考えるに至り、最近は教員養成の教育課程について研究しています。また、海外で障害のある子どもを育てている邦人家族に対する支援の実情についても研究しています。
久富 陽子 教授
  • 研究指導担当
専門分野 保育学
研究内容 子どもの育ち及び保育をめぐる課題について様々な視点から研究を進めていく。
  1. 障がいのある子ども、外国人の子ども等特別な配慮を要する子どもの保育に関する保育方法や内容 
  2. 保育者同士の連携、園の組織力、保育者の専門性等に関する研究
  3. 園との協働を可能にする巡回保育相談及び巡回保育相談員の専門性
  4. 絵本等の児童文化財と保育
松山 博光 教授
  • 研究指導担当
専門分野 ファミリーソーシャルワーク・地域福祉学
研究内容 わが国は、長期的な産業・経済の低迷と政局の混迷の中で、高齢化、情報化、国際化が進んでいる。地域社会に暮らす人々の価値観や生き方なども一人ひとり異なっており、このような社会状況を背景に今日的な社会問題(虐待、差別・偏見、自殺、疾病、失業・貧困など)が噴出している。市民の多種多様な福祉ニーズを科学的に考察しながら、具体的に解決を図るための実践的な研究指導を行う。
矢野 博之 教授
専門分野 教師教育・学校教育論
研究内容 教育活動や教授行為について、教育職や関係機関のありようの解明を目的に、量的アプローチ・質的アプローチ等多様な視点や方法論から研究を行う。
山本 真知子 准教授
専門分野 子ども家庭福祉・社会的養護
研究内容 さまざまな課題のある子どもとその家庭への支援を中心に研究している。特に以下の3点が研究分野である。
  1. 里親・ファミリーホーム家庭への支援
  2. 障害児・難病児のきょうだいへの支援
  3. 保育所等における地域への家庭支援